【ARTIST INDEX】アーティスト名記事検索はコチラ
スポンサーリンク

【ギター仙人と踊れるツェッペリン】The Stone Roses『Second Coming』/ トトオのオールタイムベスト㉟

ザ・ストーン・ローゼズ アルバム 写真 ブログ用 音楽

トトオです。

今回のオールタイムベストは、ザ・ストーン・ローゼズのセカンドアルバム、『セカンド・カミング』です。

前回の記事はこちらです。

今回の記事のポイントはこちらです。

トトオ
この記事の
ポイント

ギター仙人プレゼンツ!踊れるツェッペリン

メタラーにとってのガンズとローゼズ

私は高校時代からメタラーだったので、「ローゼズ」と聞いて想い浮かぶものはただ一つ、「ガンズ・アンド・ローゼズ」でした。

『Appetite for Destruction』なんか、CDが摩耗するくらい聴きました。
(CDウォークマンは本当に削れました)

その青春時代、ストーン・ローゼズ(以下、ローゼズ)を目にすることも耳にすることも、一切ありませんでした。

2000年代、オルタナ好きな友人がローゼズを好きだったので、ここで初めてファーストを聴きました。

確かに、このファーストアルバムは抜群に格好良かった。

しかし、続けて聴いたセカンドに、ファーストよりも遥かに衝撃を受けました。

The Stone Roses『Second Coming』(1994年)

賛否両論でも、メタラー必聴

本作は彼らのセカンドアルバムですが、賛否両論を巻き起こしました。

ファーストを聴いてからこのセカンドを聴けば、その理由は想像に難くありません。

ファーストはそれほど画期的であったわけですし、セカンドはまた異なるベクトルの作品でした。

結局、ローゼズのセカンドに求められていたものは、ファーストのような、80年代以降の新しい音楽に「聴こえるもの」であったわけです。

しかし、セカンドは一聴すると、70年代風サウンドの印象が強く、そのギャップに拒否反応を起こす人が多かったと思われます。

確かにギターはツェッペリンのように、図太いディストーションで、徹底的に弾きまくっています。

しかし、本作は70年代ロックの単なる模倣ではありません。

ファーストで彼らが生み出した、ダンザブルなビートが楽曲の下敷きになっています。

結果、踊れるツェッペリンとでも言うような、新たなミクスチャーサウンドに仕上がっています。

このセカンドの認知度は、ローゼズというバンド以上に、メタラーには高くない印象です。

しかし、メタラーがこれを聴かないのは、あまりにももったいないです。

ギター仙人 ジョン・スクワイア

以前から書いていますが、私はギタリストにフォーカスが当たった作品は、それほど好きではありません。

しかし、本作に限っては、ジョン・スクワイアという天才の超絶プレイに、とにかく圧倒されてしまいます。

もう本当に、一聴して只者ではないというのが伝わってきます。

特徴的なところとして、メタルではお馴染みのブリッジミュートを使った、パワーコードのリフが少ないです。

その代わりに、とにかくフレーズを重ねまくることで、リフレインを構築しています。

このフレーズの、緩急の付け方が本当に絶妙です。

彼のプレイを聴いて、類似性を感じるのは、セカンドまでのスウェードを支えたバーナード・バトラーあたりでしょうか。

それにしても、この時代のUKは、本当に個性的なギタリストが多かったですね。
(レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドとか)

ちなみに、ギターだけを取り出した音源を、いくつかYouTubeで聴けます。

冗談抜きに、一曲丸々ギターソロを弾き続けているようにすら聴こえます。

天才と超人がバンドをやってみたら

ジョン・スクワイアは、この作品では完全に頭ひとつ抜けた天才です。

しかし、他三人もとんでもない逸材であり、ファーストからさらに脅威的にレベルアップしています。

中でも、レニは異次元レベルのドラミングを披露しています。彼のリズム感は超人的です。

レニのドラムに、テクニカルなマニのベースを組み合わせて生み出されるコンビネーションは、間違いなく地上最強の人力ダンスビートでしょう。

そしてボーカルは、唯一無二の声を持つイアン・ブラウンです。

前作同様に徹底してマッチョさを排除しており、トリップしたような独特の浮遊感を楽しめます。

いやこんな、天才と超人で結成したみたいなバンド、人気が出ない方がおかしいですよね。

オススメ名曲ランキング

トトオ
トトオの
オススメ名曲ランキング

1位『Tears』
2位『Good Times』

3位『Driving South』

終わりに

もし、リアルタイムでファーストを聴いていたら、私もセカンドは賛否の「否」になったかもしれません。

確かにファーストは画期的ですし、『I Am the Resurrection』なんて、本当に痺れます。

しかし、そのファーストに拘らず、本作を新たに作り上げた彼らのアーティスト魂には、圧倒されます。

「もしサードが出ていたら」と、つい想像してしまいますね。

コメント

  1. ぼく、ブースカれす より:

    ストーン・ローゼズ、まだ聞いた事が無く、図書館を調べたら、『ザ・ストーン・ローゼズ』『セカンド・カミング』『ターンズ・イントゥ・ストーン』『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ストーン・ローゼズ』と4枚一気に借りました\(^o^)/
    後で楽しませていただきますm(_ _)m

    5枚まで借りられるので、残りはスクエアプッシャーの『ユーファビュルム』があったので借りましたよ(^^)

  2. トトオ より:

    >ぼく、ブースカれすさん
    ストーン・ローゼズは日本でも人気絶大なので、簡単に借りられそうですね。スクエアプッシャーは是非古めも聴いてみてください。

    • ぼく、ブースカれす より:

      ストーン・ローゼズ、飽きずに聴く事の出来るバンドでした\(^o^)/
      スクエアプッシャーは図書館では割と最近のアルバムしか無かったのですが、他も色々な形で聴いてみますよ

  3. トトオ より:

    >ぼく、ブースカれすさん

    ストーン・ローゼズはオリジナルアルバムが二作しかないので、入り込みやすいかもしれませんね。スクエアプッシャーは作品数多いので、有名どころから聴けば良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました