【ARTIST INDEX】アーティスト名記事検索はコチラ
スポンサーリンク

【100点付けても後悔なし】Dream Theater『Images and Words』/ トトオのオールタイムベスト㉞

ドリーム・シアター アルバム 写真 ブログ用 音楽

トトオです。

今回のオールタイムベストは、ドリーム・シアター『イメージズ・アンド・ワーズ』です。

前回記事はこちらです。

この記事のポイントはこちらです。

トトオ
この記事の
ポイント

時代を超えた100点満点プログレメタル

「メタルだから」で聴かず嫌いは一生損

聴く度に「最高」な唯一無二の作品

私は音楽が趣味なので、四六時中音楽を聴くわけです。

好きなミュージシャンや作品は山ほどあります。

しかしその中でも、今回紹介するドリーム・シアターの『イメージズ・アンド・ワーズ』ほど、完璧な作品はありません。

私は高校時代から、30年近く聴き続けていますが、この作品は数少ない100点満点の作品です。

プログレ「メタル」で人類は損をする

学生時代、この作品について熱く語ったんですよね。

「『イメージズ・アンド・ワーズ』は傑作や!」みたいな感じで。

すると、「こんなんプログレ違う」とピンク・フロイド好きなやつが言うてきたんですよ。

私は思いました。

プログレとかプログレ・メタルか、そんなんどうでもええやん?

ピンク・フロイドと比較して、これ楽しめないなんてもったいなすぎるやん?と。

ジャンル的に「メタル」という言葉が入ってしまうため、リスナー層を限定してる面は確実にあり、これは全人類のためにならないです。

本作は幅広いリスナーに受け入れられる、音楽の普遍的な美しさを持ち合わせています。

Dream Theater『Images and Words』(1992年)

メタルの「陽」の面全部入り

「メタル」と一言に言っても、色んなイメージがあるわけです。

このジャンルに明るくない人が「メタル」というワードを聞いて想像するのは、ネガティブなイメージの方が多いのではないでしょうか。

たしかに、そういうメタルもあります。

(画像はイメージです)

しかしメタルには、ポジティブな側面もあります。

シャープでスリリングなギター
繊細で心に響くキーボード
体幹も揺れる迫力のリズム隊
力強く表現豊かなボーカル

いわゆるメタルの陽の特長、はだいたいこんなところでしょうか。
(ディム・ボガーも備えてるけど)

並のメタルバンドだと、これらの特徴のいくつかに偏って力をかけてしまうことが多く、結果ダサくなりがちです。
(それも好きな人が、いわゆる「メタラー」)

本作は、これらのメタルの陽の特徴を、完璧なバランスで併せ持っています。

高校の時、これ初めて聴いた時は、ラジカセ壊れたんかなと思いましたね。
(唐突に終わるので)

そして驚くべきは、彼らはこれだけの表現力を持ち合わせているだけでなく、本作では楽曲の良さで真っ向勝負しているところです。

いやもう、格好良すぎるでしょう・・・。

ケヴィン・ムーアという稀有な才人

本作はドリーム・シアターの二作目ですが、次の三作目まで、ボーカル以外は同一メンバーです。

この三作目までのキーボード担当はケヴィン・ムーアですが、彼がこのバンドにもたらしたものは実に大きいものがありました。

ケヴィンが抜けた後のキーボードは、一瞬だけデレク・シェリニアンで、その後はジョーダン・ルーデスです。

どちらも素晴らしいプレイヤーで文句の付けようがありません。

私は、特にデレクが大好きです。

しかしケヴィンには、単なるプレイヤー以上の個性がありました。

それは「憂い」です。

ケヴィンが抜けた後のドリーム・シアターは、その後も素晴らしい作品を作り続けますが、私はどこか物足りなさを感じてしまいます。

これに関しては、ケヴィンが抜けた穴が大きかったのではないでしょうか。

彼が在籍した初期三作は、その後の作品と比較しても、独特の物悲しいムードがあり、これが病みつきになります。

端から端まで文句なしの「100点満点」

本作に点数を付けるなら、100点です。

彼らは現役なので、まだこれ以上の作品を出す可能性はあります。

そのため100点を付けるべきではないでしょう。

しかし、

「100点付けて後悔するよりも、100点付けなかったことで後悔する」

その可能性の方が高く感じます。

それくらいケチのつけようがない、完璧な完成度です。

数百回は聴いていると思いますが、未だに飽きません。

ライナーに、当時のアトコ・レコードの解説が記載されてあります。

そこでは、楽曲が三種類に分類されています。

“Metallic”『Pull Me Under』 『Under A Glass Moon』
“Melodic”『Another Day』 『Surrounded』
“Epic”     『Metropolis』 『Take The Time』

これはなかなか上手い分類です。
(『Wait For Sleep』と『Learning To Live』がなぜかない)

しかしながら、本作はこういった分類など用いずとも、端から端まで無駄なく完璧に構成されており、問答無用で楽しめる一枚です。

この楽曲で締めてる、ってのがまたもう最高で・・・。

終わりに

ドリーム・シアターは息の長いバンドで、まだコンスタントに新作を発表しています。

テクニックは鰻登りです。

しかし、本作ほど素晴らしい作品は、おそらくもう出ないでしょう。

それは本作が、「彼らがまだ音楽で成功する前に出した一作」であったということも、大きいかもしれません。

本作の再現ライブを見に行きましたが、あまりに完璧すぎて震えましたね。
(特にマンジーニは凄まじかった)

おまけで『A Change of Seasons』まで演奏してくれた時には、鳥肌が立ちました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました