【ARTIST INDEX】アーティスト名記事検索はコチラ
スポンサーリンク

【おかあさんもいっしょに聴いた!】平沢進 神曲『地球ネコ』レビュー

平沢進 地球ネコ 写真 ブログ用 音楽

トトオです。

『おかあさんといっしょ』って、

未だにやってるんですね。

私の時代は、

「じゃじゃまる・ぴっころ・ぽろり」でした。

今は、より小さい子向けに、

『いないいないばぁっ!』もあります。

ワンワンの中の人が、

『たんけんぼくのまち』

チョーさんだと知った時は、

衝撃でした。

『おかあさんといっしょ』と平沢進

それはさておき、

我らが平沢師匠が、

『おかあさんといっしょ』にも、

かつて曲提供していたそうです。

果たして、そんなものを流して、

各家庭は大丈夫だったのでしょうか。

放送事故みたいにならなかったのでしょうか。

我が家では、

平沢師匠の曲だけは、

家の中で流すなと禁じられています。

(ちなみに戸川純も)

ということで今回は、

『おかあさんといっしょ』に提供された、

平沢進の神曲

『地球ネコをレビューします。

平沢神曲レビューシリーズは、

これでもう四回目です。

以前のレビューで、

簡単に平沢師匠の経歴を書きました。

【米津玄師も絶賛!】平沢進 神曲『MOTHER』レビュー
トトオです。 米津玄師、良いですね。 ウチの子供が毎日歌ってます。 今、日本で一番幼児に人気のある曲でしょう、 『パプリカ』。 米津玄師と平沢進 そんな子供達にも大人気の米津氏が、 かつて、 平沢進の曲に影響を受けたそう...
この記事は、以下のような人にオススメです。
平沢進のサイドワークに興味あり
我が子を師匠のように育てたい
無類のネコ好き

神曲『地球ネコ』について

概要

『地球ネコ』は、

平沢進が作詞・作曲した楽曲です。

今井ゆうぞうお兄さんと、

はいだしょうこお姉さんが、

歌を担当しました。

2003年の『おかあさんといっしょ』

流されています。

もう15年以上も前のことです。

ということは、

この曲を4~5歳くらいで聴いた

当時の子供達はもうすぐ成人ですね。

その後の成長に、

この曲は影響したのでしょうか。

とても気になります。

アルバム『おかあさんといっしょ 最新ベスト「このゆびとまれ」』(2003年発表)

この曲は、

2003年に発売されたアルバム、

『おかあさんといっしょ

最新ベスト「このゆびとまれ」』

の中に収録されています。

全17曲中、16曲目になりますが、

17曲目の

『飛べ!飛べ!イチジョウマン』は、

ボーナストラック扱いですので、

実質大トリです。

もう廃盤になっていますが、

中古なら、

比較的容易に買えるようです。

ちなみに、平沢師匠は、

この曲を後に自作にも収録しています。

2012年の『HALDYN DOME』です。

SUSUMU HIRASAWA 20世紀+BOX「HALDYN DOME」|平沢進 Susumu Hirasawa (P-MODEL) Official site
平沢進・公式サイト The official site of Susumu Hirasawa, a musician who is well known as the leader of the band P-MODEL.

16枚組みのボックスセットですが、

16枚目のディスクに収録されています。

さすがにこちらは簡単に入手できない状況です。

定価は33,000円ですが、

公式サイトでは販売終了しています。

メルカリなどでは、

25,000円ほどで取引されているようです。

(ほとんど出回ってないようですが・・・)

神曲『地球ネコ』レビュー

『おかあさんといっしょ』バージョン

さて、

ようやく肝心の曲のレビューですが、

正直、聴いてみて、衝撃を受けました。

ゆうぞうお兄さん、

しょうこお姉さんが、

歌っているから、

多少はマイルドに

なっているかと想像しましたが、

まんま平沢進の曲です。

ファンなら、

聴いた瞬間に師匠の曲とわかるでしょう。

メインはゆうぞうお兄さんが歌って、

しょうこお姉さんはコーラスですが、

歌い方も相当気合が入っており、

まるで平沢師匠のような

超ハイトーンボイスです。

しょうこお姉さんのコーラスが、

非常に美しく恐ろしげで、

まさに平沢作品の

「バカコーラス」そのものです。

曲の雰囲気としては、

平沢ソロの名盤

『救済の技法』の一曲目、

『TOWN-0 PHASE-5』に、

近いものを感じました。

バカコーラスの大仰さと、

曲のノリの良さは、

これも名盤『SIREN』

『Nurse Cafe』も、

彷彿とさせます。

子供向きに作った、

みたいな雰囲気が

一ミリもありません。

この曲の歌詞は、

子供が自分の母親に、

「地球ネコ」のことを伝える、

というものですが、

そもそもこれ自体

かなり謎めいています。

「地球ネコの存在を知り、

その地球ネコを探しに、

遠くへ旅立つ」

というような話です。

何か隠喩めいたものを感じます。

『HALDYN DOME』バージョン

平沢師匠は『HALDYN DOME』にて、

自ら歌った『地球ネコ』を収録していますが、

『おかあさんといっしょ』バージョンと

違いはほとんどありません。

歌い手が異なることと、

『おかあさんといっしょ』の方は、

可愛らしいSEが

少しだけ加えられている程度です。

(象やネコの鳴き声)

平沢師匠バージョンは、

他のソロ作品のクオリティと比較しても、

十分満足できる、素晴らしい出来です。

知らずに聴けば、

子供用に書かれた曲とは、

まずわからないでしょう。

簡単に手に入らないのが、

唯一の難点ですが、

Youtubeあたりを探せば、

聴くことはできそうです。

終わりに

この曲を

子供向けに流すことを良しとした、

NHKの中の人は、

どんな精神状態だったのでしょうか。

また、

子供向けのアルバムに

この曲を収録することを決定したのも、

普通は考えられないです。

一曲だけ、

全く毛色の違うものが、

アルバムの最後に紛れ込んでいます。

幼い子供達が、

普通の童謡に混ざって、

平沢師匠の曲を聴いていたなんて、

なかなか凄いと思いませんか?

この『おかあさんといっしょ』のアルバムには、

『地球ネコ』以外は、

至って普通の曲しか入っておらず、

子育て中の親には、

なかなかお買い得なCDだと思います。

子供向けの曲目当てで購入して、

更に平沢師匠の隠れた名曲も堪能できるので、

子育て中の平沢ファンには、

文句なくお勧めします。

【星野源も推した!】平沢進 神曲『世界タービン』レビュー
トトオです。 星野源、良いですね。 恋ダンスが流行ったのは、もう二年前なんですね。 アルバムもCDショップ大賞を獲得したみたいです。 星野源と平沢進 そんな星野氏が、 平沢進氏の曲を自身のラジオ番組で、 紹介したそうです。...

コメント

  1. いまや3児の母 より:

    はじめまして!
    突然平沢進師匠にハマってしまい、検索でたどり着いた者です。
    地球ネコの2003年、わが家の娘たちは3歳と1歳でした。成人も近くなった今、地球ネコのおかあさんといっしょver.を聴かせてみましたが…二人とも「覚えてない」とのことでガッカリです。
    わたしはこの曲がかなり印象に残っていて、作詞作曲が師匠だと最近知って衝撃を受けつつも妙に納得しました。
    今後の記事も楽しみにしております!

    • トトオ より:

      >いまや3児の母さん
      コメントありがとうございます。突然平沢師匠にハマる3児の母はなかなか凄いですね。地球ネコは、私は師匠をしばらく聴いてから知りましたが、やはり子供向けの他の曲と比較すると異質すぎます。
      平沢・P-model関係は、当ブログでも一番読まれているので、適当なことをやや書きづらくなってしまいましたが(笑)、そのうちまた書くつもりです。

タイトルとURLをコピーしました