【ARTIST INDEX】アーティスト名記事検索はコチラ
スポンサーリンク

【万人にオススメの良ベスト】Van Halen『Best Of Volume I』 / ベストでもええやん①

ヴァン・ヘイレン アルバム 写真 ブログ用 ベストでもええやん

トトオです

新コーナー「ベストでもええやん」、一回目となる今回は、ヴァン・ヘイレン初のベスト『Best Of Volume I』です。

この記事のポイントはコチラです。

トトオ
この記事の
ポイント

コレ聴いとけば間違いない

「ベストでもええやん」趣旨

当ブログでは基本的に、ベスト盤を除いたオリジナル盤をレビューしています。

ベスト盤は単なるコンピレーションであり、良いとこ取りの反則技であるため、作品としての評価は適正ではないというスタンスです。

しかし、今のように音楽配信サービスがなかった時代に、手っ取り早くそのアーティストを知る方法として、ベスト盤は有用でした。

ということで、このコーナーでは、あえてベスト盤に絞って、オススメの作品を紹介していきます。

初回の今回は、ヴァン・ヘイレン『Best Of Volume I』です。

結論

先に本作の結論です。

ほぼ、おいしいところ全部取りな良ベスト

では、本編行ってみましょう。

95-6年の高校生とVH

ハードロックを聴き始めた95-96年、私は高校生でした。

ちょうどその時、テレビでヴァン・ヘイレンの特集をやっていました。
(今思えば良い時代)

このベストを記念した特番だったのですが、私はこの番組をたまたまビデオに録っていました。

番組はPV・インタビュー満載で素晴らしく、何度も見るうちにハマりました

当時、クラスに私と似たような人間が何人もいました。

ヴァン・ヘイレンを、この作品きっかけで知ったティーンエイジャーは、相当多かったはずです。

Van Halen『Best Of Volume I』

デイヴとサミーの良バランス

このベストは、当時のボーカルである、サミー・ヘイガーが抜けた後に発表されています。

この時点で、初代ボーカル・デイヴィッド・リー・ロスとサミーの作品数を比較すると、

デイヴ : 6枚
サミー : 4枚

となっています。

収録曲は、新曲も入れると、

デイヴ : 10曲
サミー : 7曲

です。
(日本盤はデイヴ11曲)

(一部を除く)どのアルバムからもバランス良く入れられており、選曲が上手いです。

一枚組のため、曲数にどうしても制限がでますが、最大公約数的な人気曲をカバーしています。

これを聴けば、このバンドの人気の理由が一発でわかるでしょう。

奇跡的な新録二曲

既述のとおり、本作はサミーが抜けた後に発表されています。

本作のために追加された新録二曲は、なんとデイヴボーカル曲です。

そして、これがとんでもなく格好良いです。

デイヴ脱退後すでに10年程度経過していますが、きっちりデイヴ向きの楽曲としてチューニングされています。

それにしても、渋い、渋すぎる楽曲です。

二曲どちらも良い曲ですが、『Me Wise Magic』は新生ヴァンヘイレンの幕開けと言えるような、凄まじい出来です。

しかし、結果的にこの後デイヴは戻らず、ゲイリー・シェローンがボーカルとして採用されます。

エディ「だけ」じゃない凄さ

ヴァン・ヘイレン人気の最大の理由は、当然エドワード・ヴァン・ヘイレンというスーパープレイヤーがいたことです。

しかし、彼の存在だけでは、これほどまでの人気にはならなかったでしょう。

このバンドの真の凄さは、

楽曲そのものの素晴らしさ
盤石なバンドメンバー

この二つです。

楽曲そのものの素晴らしさ

エディのプレイは確かに華やかですし、そこだけ取り出して聴いても十二分に楽しめます。

しかし、ヴァン・ヘイレンはそもそも曲自体が圧倒的に素晴らしいです。

彼らは、これほどの天才ギタリストがいても、まずは曲ありきのバンドです。

最高でしょう。

エディ時代もサミー時代も、タイプの異なる名曲満載です。

私はどちらかというと、アルバムはサミー時代の作品を良く聴きますが、曲単体ではエディ時代に好きなものが多いです。
(こういう人多いのでは)

盤石なバンドメンバー

そしてもう一つの凄さは、演奏するメンバーの技量と、そこに込められた魂です。

エディのギターとタメを張れるボーカリストは、デイヴやサミーという超人的なパフォーマーです。

そして、この強烈なボーカリスト達とギタリストをバンドに繋ぎとめたのは、

只者ではない兄貴 アレックス
安定感抜群の屋台骨 マイケル

このリズム隊二人のおかげでしょう。

書けば書くほど、つくづく良いバンドですね。

エディがいなくなった時の喪失感は、単なる一プレイヤーの死ではなく、このバンドケミストリーが永遠に失われたと言う意味で、その衝撃は大きかったです。

オススメ名曲ランキング

トトオ
トトオの
オススメ

ランキング

1位『Me Wise Magic』
2位『Can’t Get This Stuff No More』
3位『Humans Being』

(※本ベスト盤限定曲のみ選出)

終わりに

アメリカンハードロックバンドで、私が一番好きなのは間違いなくヴァン・ヘイレンです。

一番好きな曲は選ぶのが難しいですが、『Unchained』あたりでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました