【ARTIST INDEX】アーティスト名記事検索はコチラ
スポンサーリンク

【IRON MAIDEN/レビュー特別編】アイアン・メイデンライブアルバム『Nights Of The Dead, Legacy Of The Beast : Live in Mexico』最新情報

アイアン・メイデン NOTD 写真 音楽

トトオです。

今年のメイデンの来日公演は、

結局延期になってしまいました。

次の来日予定までの、

待ち遠しい日々を過ごす中、

嬉しいニュースが舞い込んできました。

現在行なっている(ただいま中断中)、

「レガシー・オブ・ザ・ビースト・ツアー」の、

2019年9月に行われた、

メキシコでのライブ音源が発売となるようです。

この記事は以下の方にオススメです。

チケットが取れたのにキャンセルになった
最近のライブアルバムは聴いていない
ライブ版を聴くならラテン系に限る

『Nights Of The Dead, Legacy Of The Beast : Live in Mexico』

概要

タイトルは、

『Nights Of The Dead, Legacy Of The Beast : Live in Mexico』で、

2020年11月20日発売予定とのことです。

当初、海外での発売予定のみでしたが、

国内盤も発売される予定となりました。

ライブアルバムは、

『魂の書〜ザ・ブック・オブ・ソウルズ〜』

ツアー音源である、

『The Book Of Souls: Live Chapter』

以来ですので、約3年ぶりとなります。

メキシコというと、

私には中米のイメージなのですが、

実際は北米になるんですね。

ベテランのアーティストになると、

客の年齢層も高くなるため、

ライブの盛り上がりも、

やや落ち着いたものになりがちです。

しかし、ラテン系の国は、

盛り上がり方が激しいので、

ライブアルバムやビデオを見るなら、

こういった国の方が楽しめます。

製品詳細

下記の各種仕様で、販売されるようです。

・デジパック2CD
・デラックスハードケースブック2CD
・重量盤アナログレコード3枚組(黒)
・重量盤カラーレコード3枚組(Mexican Flag triple coloured vinyl)
・デジタル(ストリーミングとダウンロード)

「デラックスハードケースブック2CD」は、

ブックレットが『魂の書』みたいに

縦にデカイやつですね。

レコードは通常の黒版と、

カラー版と二種類あります。

カラー版は三枚それぞれ違う色ですが、

メキシコの国旗の色になっています。

また、通常の黒版もカラー版も、

どちらも重たい(180g)仕様です。
(これ重いと良いことあるんですか?)

さらに、Amazonでは、

最近よくある「メガジャケ付」の、

限定版もあります。
(私は買ったことないです)

映像化作品はなさそうで、

その辺はちょっと惜しいですね。

曲目

曲目は以下の通りです。

二枚組、全17曲の作品になるようです。

Churchill’s Speech
Aces High
Where Eagles Dare
2 Minutes To Midnight
The Clansman
The Trooper
Revelations
For The Greater Good Of God
The Wicker Man
Sign Of The Cross
Flight Of Icarus
Fear Of The Dark
Iron Maiden
The Number Of The Beast
The Evil That Men Do
Hallowed Be Thy Name
Run To The Hills

本ツアーのこれまでのセットリストを見返すと、

どの会場でも、

ほぼこの曲目・曲順だったようです。

先行配信で、

『Aces High』だけ聴くことができます。

注目ポイント

ライブアルバム初収録曲

注目は、やはり定番以外の曲でしょう。

今回の楽曲の中で、

これまでのライブアルバムに、

収録がされたことがないのは、

For The Greater Good Of God

上記一曲のみになります。

この曲のライブ版を待ち望んでいた、

というファンはあまりいないでしょうが、

名曲なのは間違い無いので、

どんなアレンジとなるか楽しみです。

トリプルギター編成での初収録曲

Where Eagles Dare
Flight Of Icarus

この二曲は、

トリプルギター編成のメイデンになってから、

オフィシャルのライブ音源に収録されたことは、

ありませんでした。

どちらも『頭脳改革』の楽曲ですね。

なんとなくですが、

これまで選に漏れた理由は想像できます。
(地味だから・・・?)

『ライヴ・アット・ロック・イン・リオ』以来の収録曲

他には、

The Clansman
Sign Of The Cross

上記二曲はブレイズ時代の楽曲ですが、

ブルース復帰後初のライブアルバム、

『ライヴ・アット・ロック・イン・リオ』に、

収録されて以来なので、約20年ぶりです。

どちらも名曲ですね。

その他の楽曲は、定番中の定番で、

目新しさこそありませんが、

どれもライブの盛り上がりは、

素晴らしい楽曲ですので、

実際にライブに行った気になって、

楽しみましょう。

終わりに

2020年の終わりに、

思いがけないメイデンからのプレゼントです。

これを聴きながら、次の来日公演を、

首を長くして待つことにしましょう。

ちなみに、ワーナーミュージックの売り場では、

Tシャツやポスター、ワッペンなど、

ライブ会場限定で売られるような、

グッズまで販売されています。

数量限定なので、お早めに。

ワーナーミュージック・ダイレクト
ワーナーミュージック・ジャパンが運営するECサイト、ワーナーミュージック・ダイレクトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました