【ARTIST INDEX】アーティスト名記事検索はコチラ
スポンサーリンク

【しみじみ良いバンドランキング一位】Teenage Fanclub 『Grand Prix』/ トトオのオールタイムベスト㉖

ティーンエイジ・ファンクラブ アルバム 写真 ブログ用 音楽

トトオです。

今回のオールタイムベストは、ティーンエイジ・ファンクラブ(以下、TFC)の『グランプリ』です。

前回記事はこちらです。

本記事のポイントはこちらです。

オルタナ史上最高にハッピーな作品

Teenage Fanclubを知る喜び

稀有なオルタナバンドTFC

私が現在聴く音楽の割合は、

メタル         50%
オルタナティヴ・ロック 30%
テクノ・エレクトロニカ 15%
邦楽・その他        5%

といったところでしょうか。

メタルの次によく聴くのが、いわゆるオルタナティヴ・ロックです。

そのオルタナバンドの中でも、聴く度ハッピーな気持ちになる稀有なバンド、それがTFCです。

「しみじみ良い曲バンドランキング」優勝候補

世代的に、オルタナ好きな人が私の周りには多いのですが、確実に知られているのはレディオヘッドレッド・ホット・チリ・ペッパーズです。

体感的に、TFCの知名度は、彼らの十分の一以下くらいではないでしょうか。

しかしもし、「しみじみ良い曲バンドランキング(略して「しみ-1」)」を開催したら、優勝候補の筆頭はTFCで間違いありません。

Teenage Fanclub 『Grand Prix』(1995年)

バンドには、特別輝く時期がある

TFCは長期間安定して活動しているバンドで、過去三十年ほどで11枚もオリジナルアルバムを発表しています。

知名度が高いのはこのあたりでしょうか。

出世作である三作目の『Bandwagonesque』から始まり、90年代の作品はどれも素晴らしいです。

しかし、中でも本作『Grand Prix』は、完成度がずば抜けています。

次作以降も、楽曲はもちろん良く、バンドとしてどんどん洗練されていきます。しかし、彼らの「ロック」な格好良さが最も楽しめるのは本作です。

どのロックバンドにも、キャリアのピークとなるような、特別な時期があります。

TFCに関しては間違いなく本作だったと思います。

分厚い三人のソングライター

キャリアが長く、成功しているバンドには、複数のソングライターがいることが多いです。

TFCもその例に漏れず、三人の優れたソングライターがいます。

ノーマン・ブレイク 
レイモンド・マッギンリー
ジェラード・ラヴ

三人とも素晴らしい作曲能力とセンスです。

「三人それぞれのカラーがありながら、バンドの調和は保たれている」、ここが彼らの最大の強みです(これが上手くいかないと分裂する)。

個人的には、ジェラードが書く曲が一番好きです。

曲も演奏もルックスも、文句のつけようがないですね。

聴いていると、曲の良さがじわーっと染みてきます。

彼の曲は、他の二人と比較して、よりロックな曲が多く、アルバムでもアクセントになることが多いです。

ちなみに、前作『Thirteen』だとこの曲が好きですね。

粗い演奏が、とてつもなくクールです。

気取らない格好良さ

このバンドの格好良さは、楽曲もさることながら、そのスタイルに拠るところも大きいです。

「ギター二本にベースにドラムで、スタジオに集まって音出したら、めちゃくちゃよかった」、そんな気取らない格好良さがあります。

スタイルは典型的なギターロックバンドです。

ギターとベースのハーモニーは、余分なものが削ぎ落とされて、芯の太いサウンドには、迫力があります。

本作は、前作と比較して、リズム隊のテクニック向上が顕著ですが、ドラムの交代が大きかったようです。(ただし、前任は違う格好良さもありました)

曲は良くても、商業的に成功しない不遇なバンドはとても多いです。

そんな中、安定して売れ続けているTFCの存在は、ある種ロック界の希望ではないでしょうか。

オススメ名曲ランキング

トトオ
トトオの
オススメ名曲
ランキング

1位『Sparky’s Dream』
2位『Going Places』
3位『Neil Jung』

終わりに

残念ながら、ジェラードは最近脱退してしまったようですが、彼の残した楽曲は山のようにあるので、一生分は楽しめそうです。

ちなみに、本作『Grand Prix』のCDは廃盤になっています。その代わりに、本作を含む5枚セットのボックスが安く売られているので、これがあれば、ほぼおいしいところはカバーできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました