【ARTIST INDEX】アーティスト名記事検索はコチラ
スポンサーリンク

【小室復活最速レポ!】TM NETWORK 配信ライブ『How Do You Crash It? one』鑑賞レビュー

TM NETWORK HDYCIO ブログ用 音楽

トトオです。

今回は、小室哲哉の復帰と同時に発表された、TM NETWORK初の配信ライブ、『How Do You Crash It?』を鑑賞しましたので、早速レポートしたいと思います。

本作は内容に深く言及しますので、これから観るつもりの方は、鑑賞後に読むことをお勧めします。

TM NETWORK 配信ライブ『How Do You Crash It? one』

配信ライブのコスパは如何に

いくつかのサイトでチケットが売られていますが、私はチケットぴあで購入しました。

これまでお金を払って配信ライブを見たことはありましたが、ぴあで購入したのは初めてでした。リアルなチケットを買うのと同じで、Cloakを使う形式でした。

お代金はチケット代4,800円とシステム利用料220円を合わせて、合計5,020円です。ライブ映像は、配信開始から一週間はアーカイブ配信されますので、その期間中は何回でも見ることができます。

さて、この配信ライブに5,000円払う人は、一体どの程度いるのでしょうか?

ちなみに、約七年前に『QUIT30』に伴うライブツアーに参加しましたが、その時のチケットは税込で9,000円でした(全席指定)。

実際に見に行って9,000円で、配信映像見るだけで5,000円です。普通の感覚なら、やはり高く感じるのではないでしょうか?

自腹を切った人間として、この配信ライブのコスパを確かめたいと思います。

久々揃った三人のメンバー

お馴染み三人がひさしぶりに揃いました。

正直なところ、小室哲哉がいなくても、スーパー弟子である浅倉大介がいれば、TMの楽曲はライブできるわけです。

しかし、やはり小室哲哉の存在感は半端ではないです。

彼がいると、ピリッと空気が変わります。宇都宮隆(以下、ウツ)と木根尚登(以下、木根さん)の表情が違うというか、良い意味でアーティストの表情に変わる気がします。

三人とももう六十を越していますが、驚くほど見た目が若いです。特にこの十年くらいはほぼ不変ではないでしょうか。

『How Do You Crash It? one』セットリスト

約一時間のライブで、全9曲です。

オープニング~『ELECTRIC PROPHET』

一曲目に『ELECTRIC PROPHET(以下、エレプロ)』を持ってきた時点で、オールドファン全員ほぼ満足ではないでしょうか。

オープニングは、宇宙船の帰還をイメージしていて、三人が地球に降り立つ演出です。これでエレプロが始まったら、そりゃもう文句の付けようがないでしょう。

一曲目から難しい歌ですが、ウツの声は高音までしっかり出ています。

『I am』

エレプロが終わって、四つ打ちのビートが鳴り響き、2010年代の復活曲『I am』に続きます。

エレプロはもう三十年以上前の曲ですが、その流れでこの(比較的)新しい曲につなげても違和感がないことには驚きました。

正直なところ、『I am』発表当初、初めてこの曲を聴いた時はやや厳しめの感想を抱きました。しかし、今となってはこの曲は新しいTMの定番だと感じます。小室と木根さんのコーラスが気持ちいです。

ステージセットはかなり凝っていて、無数のパネルが宙を舞い、さながらドローンのショーのようです。また、衣装も宇宙服っぽいディティールまで作り込まれたもので、復活一発目のライブにふさわしい演出です。

『How Crash?』

来ました。予告で少し流れていた新曲です。

キャッチーなサビと、ややダウナーな他パートの対比が印象的です。詳細情報ありませんが、おそらく、作詞作曲小室哲哉で間違いないと思います。

非常に短い一曲ですが、『QUIT30』に収録された楽曲と曲調がかなり近いです。途中、『QUIT30』のライブで使用された映像を取り込む演出もあって、あの時期のライブとの繋がりが印象付けられます。

『ACTION』

はい、来ました。『ACTION』。原曲もビートが強い楽曲でしたが、ライブアレンジも同様で、原曲にかなり忠実な演出です。

この楽曲は、まさに今のTMに一番しっくりくるかもしれません。「それでも前を向く」、というポジティブなメッセージがハマります。

後半、小室のキーボードソロが少し差し込まれますが、正直言ってここは衰えをやや感じました。病気のこともありますが、やはり、まだ本調子ではないのかもしれません。

『1/2の助走』

安定の木根バラです。

(※映像は初期TMのものです)

まさに名曲中の名曲ですが、ウツのボーカルが本当に素晴らしいです。微塵も衰えを感じません。

今の年齢のTMには、やはりこういう聴かせるバラードが一番ハマりますね。ウツのアコギも良いです。

正直、この配信ライブで一番良かったのがコレです。涙腺が刺激されて、かなり危なかったです。

今後のライブでは、さらに木根バラ増やして欲しいですね。

Green Days

幻(?)の一曲、『Green Days』です。

この曲は比較的最近(2010年代)の楽曲ですが、オフィシャル音源が簡単に手に入らないため、よほどのファンしか知らない一曲でしょう。

落ち着いたアレンジで優しいメロディの曲ですが、歌詞が深いです。辞世の句のようです。

アルバム『SPEEDWAY』に入っていてもおかしくない、等身大小室哲哉な一曲です。

Get Wild

来ました。ゲワイです。

一瞬『’89』のようなイントロが挟まれますが、そのあとに続く、

「ゲワイさえ言わせとけば、あとは何してもゲワイ」

的な展開は、DTMアレンジが強烈だった『2015』バージョンに近いです。

ブレイクして木根さんのギターで入るところは、『2015』同様に好きなアレンジです。これはもう『Get Wild 2021』としか言いようないですね。

屋内でも凄まじいパイロ(炎)の演出で、ちょっとびっくりしました。

We Love the EARTH

他でも書きましたが、個人的にTMで一番好きな曲の一つです。

特にこのアルバム『EXPO』のハウスアレンジバージョンは、天才小室哲哉の真骨頂です。

配信ライブバージョンは、今までにないアレンジで新鮮ですが、特に三人のボーカルハーモニーが素晴らしいです。

しかし、こんな難しい楽曲をウツはよく音を外さずに歌えますね・・・。

SEVEN DAYS WAR

意外にもこの曲でライブは締めます。

シンプルなアレンジで、小室哲哉のキーボードが今日一素晴らしいです。後半のコーラスは時代を超越していて、感動的です。歌詞が染みました。

トトオのオススメ名曲ランキング
トトオの
オススメ名曲
ランキング

1位 『1/2の助走』

2位 『ELECTRIC PROPHET』

3位 『We Love the EARTH』

一人のFANKSとしての感想

TMもFANKSも年を重ねて

おそらく、この配信ライブまで観ているファンは、メンバーと同世代からやや下くらいの人が多いと思います。

TMの音楽を聴きながら、FANKSも歳を取り、色々なことがそれまでの人生であったはずです。その間、TMの浮き沈みをずっと観てきたようなファンでしょう。

復活までの経緯も含めたドキュメンタリー

ここ数年でも、色々なゴシップで、また地獄に落とされた小室哲哉でした。

しかし、周りにどんなことを言われても、自分には音楽しかないと。また一から音楽をやりたいと。それにウツと木根さんが応えて、このライブをやったわけです。

そんな、復活までの一部始終まで全てひっくるめたものが、今回の配信ライブだと思います。

そりゃ、泣けますよ、これは。単なるライブじゃなくて、もう完全なドキュメンタリーですね。

言いたいことは、音楽で伝える

新曲のテーマは、「Everyone makes mistakes, How do you crash it?(直訳:誰もが間違いを犯す、どうやってそれを壊していく?)」だそうです。

「それを自分で言うか?」と突っ込んでしまいそうですが、自分でそれを言わざるを得ないくらい、音楽ではなくそれ以外にばかり関心が寄せられる彼ら(というか彼)です。
(ちなみに、私は小室哲哉のプライベートに一切関心がありません)

ミュージシャンだからこそ、「言いたいことは、音楽で伝える」という姿勢は、実に清々しいです。

FANKSには、値段を付けようがない

合計9曲、約一時間しかないライブで、正直もうちょっと聴きたいな、という感じでしたが、復帰第一弾ならこのくらいがちょうどいい塩梅かもしれません。

配信ライブ一時間に約5,000円と聴くと、一般的にはコスパが悪いように思えるかもしれません。

しかし、このTM NETWORKの復活劇という壮大なドキュメンタリーの一部に、自分も参加していると思えるかどうかで、その価値は変わってくるでしょう。

コスパに対する私の意見は、

長年聴いてきたFANKSには、値段を付けようがない

とします。

『Get Wild』くらいしか知らない若い人には、80年代後半のライブ映像をオススメします。

最高に格好良いです。

終わりに

この配信ライブは、これから『TWO』や『THREE』と続くようです。今後のライブでは、木根バラや初期の名曲を中心にやってもらいたいですね。

マイペースでも良いので、少しずつ走り出して、コロナが開けた時期に、本格的に再開できたら、また見に行きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました