【ARTIST INDEX】アーティスト名記事検索はコチラ
スポンサーリンク

【曽我部恵一/スピッツも支持!】究極のミクスチャーバンド ニューエスト・モデル 初心者向けアルバムベスト3

NEWEST MODEL アルバム 写真 ブログ用 音楽

トトオです。

私は、普段聴く音楽の、

7割が洋楽で、3割が邦楽です。

当たり前ですが、絶対数として、

ミュージシャンの数は、

海外の方が多いため、

洋楽を聴くことが多くなります。

比較的、聴く数が少ない邦楽ですが、

そんな邦楽でも、

洋楽と比較しても劣らない、

それどころか、

世界を見渡しても、

唯一無二のバンドが存在します。

かつて存在した、

NEWEST MODEL/ニューエスト・モデルが、

まさにそのようなバンドでした。

この記事は、

以下の方にオススメです。

邦楽史上、最高に格好良いバンドを知りたい
日本人だからこそ表現できるロックを知りたい
邦楽ミクスチャーロックの最高傑作を知りたい

ニューエスト・モデルについて

歴史

ニューエスト・モデルは

1985年に、

ギター兼ボーカルの中川敬を中心に、

結成されたバンドです。

このバンドは後に、

現在も活動を続ける、

SOUL FLOWER UNION/
ソウル・フラワー・ユニオン
の、

母体となります。

ニューエスト・モデルは、

初期は洋楽直系の、

ビートパンクをやっていました。

The Jam/ザ・ジャム

Paul Weller/ポール・ウェラー

影響が色濃かったです。

活動初期から、

中川敬の書くキャッチーなメロディと、

知的な歌詞の組み合わせで、

存在感がありました。

しかし、

メジャーデビュー作である、

通算三作目の『ソウル・サバイバー』あたりから、

表現の幅が劇的に広がり、

四枚目『クロスブリード・パーク』

五枚目『ユニバーサル・インベーダー』

と、作品を重ねるに連れ、

特定のジャンル分けができないほど、

多様な音楽性を持つようになりました。

関連人物・バンド

彼らの作品に参加した人脈は、

幅広く、個性的です。

一部だけ紹介すると、

八尋知洋(JAGATARA)
村田陽一(JAGATARA)
Dr.Kyon(ボ・ガンボス)
菊池成孔

このあたりが有名どころです。

また、後に彼らと合流する、

メスカリン・ドライブも、

ほとんどの作品に参加しています。

影響

中川敬の書く、

風刺に富んだ歌詞と、

卓越した作曲能力が、

バンドの土台となり、

それぞれの作品のカラーは違えど、

ニューエスト・モデルというバンドは、

最初から最後まで、

自分たちの姿勢を貫き通しました。

彼らは徹底して、

コマーシャルな姿勢を拒否したため、

売れ筋になることはありませんでした。

それでも当時の音楽業界に与えた、

インパクト・存在感は大きかったようです。

他ミュージシャンからのリスペクトも多く、

曽我部恵一
スピッツ
GRAPEVINE
くるり

あたりは、影響を公言しています。

彼らは、

私がこれまでの人生で出会った中で、

一番格好良い日本のバンドであることは、

解散して20年以上経った今でも、

変わりません。

カルト的人気のバンドにしておくのは、

あまりにもったいないので、

初心者向けのオススメ作品を

今回紹介します。

トトオ
トトオ

邦楽史上最高のソウル・ファンク・ロックアルバム!

第3位

第3位 / ユニバーサル・インベーダー(1992年発表)

3位は、1992年に発表された、

ニューエスト・モデルとしては、

最後のオリジナルアルバムです。

バンドはこの後、

メスカリン・ドライブと、

合体する形で、

ソウル・フラワー・ユニオンという新バンドに、

生まれ変わります。

このアルバムは、

最後のアルバムだけあって、

彼らの雑食性が、

最も発揮された作品になりました。

特にこの作品で印象的なのが、

ソウル・ファンク色の強さと、

うつみようこのラップです。

『ソウル・フラワー・クリーク』

『知識を得て、心を開き、自転車に乗れ! 』

などは、

ニューエスト流ミクスチャーロックの、

最終形とも言える、超大作です。

色々な要素を、

これでもかと、

様々な要素をぶち込んでいるにも関わらず、

驚異的なグルーヴ感と完成度です。

また、

『もっともそうな2人の沸点』

『独り善がりの風』

など、

歌謡曲のような、

キャッチーな歌メロで、

重層的に構築された、

素晴らしい曲も数々あります。

このアルバムの後に、

バンドはなくなりますが、

このバンドでやれることは、

あらかたやり尽くしてしまったと思われる、

異常なほど密度の濃い最終作です。

トトオのオススメ曲
『ソウル・フラワー・クリーク』
『もっともそうな二人の沸点』
『独り善がりの風』
トトオ
トトオ

とりあえずこれが一番とっつきやすい2位!

第2位

第2位 / ソウル・サバイバー(1989年発表)

2位は、

1989年のメジャーデビューアルバムです。

インディー時代の前作までと比較すると、

劇的に音質が改善しています。

前作までは、

キーボードのいるビートパンクバンド、

といった感じでしたが、

この作品から、

ビートパンクという括りから離れ、

ソウル色の強いロックバンド、

という雰囲気に変わりました。

音がクリアですっきりしたおかげもあり、

各楽器のアンサンブルが強化され、

且つ、ボーカルの表現力も増しました。

前作までは、

押し一辺倒といった楽曲でしたが、

本作では、

「引き」の楽曲も多数収録され、

アルバム全体で見た、

完成度も素晴らしいです。

彼らの代表曲である、

『こたつ内紛争』

『ソウルサバイバーの逆襲』は、

キャッチー、且つ、切れ味抜群の演奏で、

一度聴けば、彼らの魅力がわかるはずです、

『デイズ』

『イン・ザ・ホリデイ・ムード』

『青春の翳り』など、

ビートパンクというより、

ビートポップといえるほど、

キャッチーな歌と演奏の名曲揃いです。

音質が改善したおかげで、

中川敬の歌声と歌詞が、

更に際立っています。

ブルーハーツあたりを好きな人も、

演奏的には楽しめると思いますが、

歌詞の価値観が全く異なるため、

あれほど広くは、

受け入れられないでしょう。

ニューエスト流ハードバラード、

とでもいえそうな、

『まどろみ』

『シーズン』など、

前作にはなかった、

「引き」の楽曲も、

素晴らしいクオリティで、

捨て曲なしの名盤です。

(そもそも今回の三枚とも、

捨て曲など一曲もありませんが)

トトオのオススメ曲
『こたつ内紛争』
『イン・ザ・ホリデイ・ムード』
『ソウルサバイバーの逆襲』
トトオ
トトオ

邦楽ロックの歴史的到達点な1位!

第1位

第1位 / クロスブリード・パーク(1990年発表)

1990年に発表された、

メジャー二作目のアルバムです。

おそらく、このアルバムが、

世間的な評価が一番高いと思います。

前作『ソウル・サバイバー』は、

ビートパンク路線の、

スケールアップ版でしたが、

本作は、

ビートパンク路線は残しつつも、

彼らの雑食性と実験性が、

最高のバランスで融合しています。

日本のミクスチャーロックの、

最高傑作ではないでしょうか。

捨て曲がない、などという、

レベルの低い話ではなく、

超名曲しかないという、

信じられないクオリティです。

のちに、

ソウル・フラワー・ユニオンで、

本格的に取り入れる、

日本の民謡もすでに数曲で取り入れています。

やはりそれらの曲が目立ちますが、

手法に溺れるわけではなく、

あくまで作品を作り上げる上での、

一つの方法として、

採用しているというのが凄いです。

彼らの成し遂げたことを、

言葉で表現するのが難しいのですが、

表現するのが難しいレベルのことを、

実際に達成してしまっているので、

仕方ありません。

民謡のミクスチャーというと、

『みんな信者』

『杓子定規』

あたりが顕著です。

他、シングルになっている、

『雑種天国』

『乳母車と棺桶』

などは、

ニューエストの最高傑作と言える、

実験的、且つ、挑戦的な楽曲です。

他アルバム収録曲として、

『車といふ名の密室』

『遊園地は年中無休』

『底なしの底』

など、歌詞とメロディのクオリティが、

驚異的に高い曲がずらっと並びます。

相変わらずメロディがキャッチーなので、

初心者がいきなりこのアルバムを取っても、

十分楽しめるのも素晴らしいです。

耳に残るメロディーが入り口になり、

そのあとじわじわ歌詞の深さにハマり込む、

今の時代に、

こんなレベルの音楽は、

少なくとも日本のメジャーシーンには、

見当たらないですね。

トトオのオススメ曲
『雑種天国』
『乳母車と棺桶』
『底なしの底』

終わりに

個人的には、

邦楽史上最も格好良かったロックバンドが、

彼らだと思っています。

本人たちも発言していますが、

本当に自分たちの思う通りのことを、

メジャーシーンで貫き通したバンドでした。

彼らは現在も、

ソウル・フラワー・ユニオンとして、

勢力的に活動しています。

ミュージシャンとしての腕前や、表現力は、

かつてのニューエストよりもさらに深化し、

上手くなっているのは間違いありません。

ソウル・フラワー・ユニオンは、

民謡ミクスチャーという路線を極め抜きましたが、

個人的には、

ニューエスト・モデルというバンドでの、

その続きも、見てみたかったですね。

結成30周年記念のベスト盤が、

現在唯一販売されている作品ですが、

おいしいところはこれでだいたい聴けるので、

オススメです。

今回紹介していませんが、

彼らのインディー時代の音源も、

このベストには入っていて、

かなりお買い得です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました