【ARTIST INDEX】アーティスト名記事検索はコチラ
スポンサーリンク

【追悼】高橋幸宏とYMOとsoe【世代でもないメタラーより】

高橋幸宏 アルバム 写真 ブログ用 1 音楽

トトオです。

今回は、先日亡くなられた、高橋幸宏氏(以下ユキヒロさん)に関する、個人的な思い出を書きます。

この記事のポイントはこちらです。

トトオ
この記事の
ポイント

ただ思い出を書きます

高橋幸宏とYMOとsoe

YMO世代、ではない私

私は現在アラフォーです。

ユキヒロさんが所属したYMOを、リアルタイムで経験していません。
(ちなみに、B’z世代です)

彼らをリアルタイムで触れた世代は、おそらくアラフィフ以上、アラ還の人が多いのではないでしょうか。

しかしそんな私でも、YMO全般に聴いてきましたし、ユキヒロさんのソロ作品もいくつか持っています。

YMOとの「邂逅」

私とYMOの邂逅は、90年代後半です。

『邂逅』と言えばコレですね。

きっかけは忘れましたが、私は小室哲哉のファンなので、その流れから興味を持ったのかもしれません。

当時は、アルファレコードのCDしか流通しておらず、これがなかなか手に入りません。

レンタルにもあまり置いていませんでした。

そんな中、細野晴臣監修リマスターとして、99年に旧作が一斉に再発されました。

更に、同じタイミングで発表されたベストが、『YMO GO HOME!』です。

『YMO GO HOME!』

このベストは、当時の私のような初心者には、待望と言える内容でした。

リマスターされた代表曲が、2枚組に収録されています。

ここでYMOにハマった私は、オリジナル作品も掘り下げて聴くようになりました。

ちなみに、私が一番好きなアルバムは『BGM』です。

何度聴いても凄まじい楽曲です。

アルバムはいずれ別記事で紹介します。

『以心電信 (YOU’VE GOT TO HELP YOURSELF)』

YMOはテクノバンドのため、楽器主体の楽曲がそもそも多いですが、いわゆる歌モノ楽曲も素晴らしいです。

そんなYMOのボーカルといえば、やはりユキヒロさんでしょう。

歌モノYMOで最も好きになったのは、『サーヴィス』に収録された『以心電信 (YOU’VE GOT TO HELP YOURSELF)』です。

教授のコメントでは、ビートルズ趣味丸出しの楽曲とのことです。

多幸感溢れる重層的な美しいメロディと、何よりユキヒロさんの透き通るようなボーカルが心地よいです。

高橋幸宏ソロワーク

YMO楽曲を一通り聴いた後、三人のソロワークにも興味が出ました。

当然、高橋幸宏ソロもいくつか聴いたのですが、私が所持しているのは東芝EMI時代のこの二枚のみです。

高橋幸宏 アルバム 写真 ブログ用 2

当時どちらも中古で買いました。

 

この時期の作品は、比較的まだ出回っていたようです。
(ソロは本当に手に入りにくかった)

ソロの中で一番好きな楽曲は、『愛はつよい stronger than iron』です。

柔らかくも暖かい、洗練されたバラードです。

一つ一つの音が超絶に美しいです。

ユキヒロさんのささやくような声も絶妙にマッチして、これぞまさにヒーリングミュージックといったところでしょうか。

ちなみにこのアルバムは、ジャケットが非常に凝っています。

高橋幸宏 アルバム 写真 ブログ用 3

透明のスリーブに、カラフルな紙片が差し込まれていて、ちょっと他では見たことがないおしゃれさです。

人民服とモード系とsoe

おしゃれといえば、YMOのファッション担当がユキヒロさんでした。

YMOは、やはり初期の人民服のイメージが強いです。

私は若い時はモード系(死語?)の服が好きだったのですが、憧れのブランドの一つがsoeでした。

このブランドは、ユキヒロさんの甥にあたる伊藤壮一郎氏がデザイナーです。

田舎者の私には手に入れづらいブランドでしたが、洗練されたドレスシャツは、YMOに通じるものがありました。
(ユキヒロさんコラボもあった様子)

オススメ名曲ランキング

トトオ
トトオの
オススメ
ランキング

1位『以心電信 (YOU’VE GOT TO HELP YOURSELF)』
2位『U・T/ユーティー』
3位『愛はつよい stronger than iron』

※YMO・ソロ問わず

終わりに

今回は高橋幸宏氏にまつわる思い出を、取り止めもなく書きました。

既述のとおり、私はリアルタイム世代ではなく、ソロワークも大して詳しくない人間です。

しかし、今回の訃報はこたえました。

彼が残した作品には、未聴のものがたくさんあるので、時間をかけて楽しみたいと思います。

素晴らしい音楽をありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました