【ARTIST INDEX】アーティスト名記事検索はコチラ
スポンサーリンク

【聴かずに死ねない!Enjoy the Silence】Depeche Mode 『Violator』/ トトオのオールタイムベスト㉚

デペッシュ・モード アルバム 写真 ブログ用 音楽

トトオです。

第30回目となる今回のオールタイムベストは、デペッシュ・モード『Violator』です。

前回記事はコチラです。

本記事のポイントはこちらです。

トトオ
この記事の
ポイント

聴かずに死ねない!究極の一品『Enjoy the Silence』

レイモンド・ワッツからデペッシュ・モード

デペッシュ・モードは、イギリスのエレクトロポップ三人組です。

海外では超ド級にメジャーですが、日本ではそうでもないという、逆ビッグインジャパン(?)の代表的なバンドです。

私がデペッシュ・モードを聴き始めたきっかけは、インダストリアルメタルの延長線上で、エレクトロポップ系のバンドにも興味を持ったからでした。

ちなみにこの方向性で、最初に気に入ったバンドは、レイモンド・ワッツのソロプロジェクトであるPIGでした。

レイモンド・ワッツは、KMFDMでの活動でメタラーに近くSCHAFTでの活動はビジュアル系に近く、日本人に好きな人は多いはずです。

デペッシュ・モードはゴシックメタル系アーティストにも人気が高く、イン・フレイムスなんかもカバーしていたので、メタラーには認知度が割と高い印象です。

今回紹介するのは、彼らの最高傑作と名高い、1990年の『Violator』です。

Depeche Mode 『Violator』(1990年)

ストイックさで深まるヘヴィなサウンド

本作の一つ前の作品は、これまた大名盤の『Music for the Masses』です。(タイトルにシビれます)

この『Music for – 』で、それまでのデペッシュ・モードの集大成ともいえる作品を作り上げた彼らは、本作『Violator』で、新たな次元に突入します。

前作『Music for – 』までは、順当に経験を重ねて、足し算で進化してきた彼らでした。

本作ではコアな部分だけ残して、他全て取り去ってしまったとでもいうような、究極にストイックな作品です。

例えると、前作はデラックス幕の内弁当で、本作は精進料理のようなもの、といえるかもしれません。(わかりにくくてすいません)

一曲目から音が全然違います。音自体はそれほど太くないのに、物凄く太い芯が通ったようなトーンには、怖さすら感じます。

最終曲『Clean』は特に凄まじく、その辺のヘヴィ・ロックバンドの数倍はヘヴィなサウンドを、ディストーション抜きで聴かせます。

90年代のヘヴィミュージックは、音だけでなく、精神面での「ヘヴィさ」を求められるようになりますが、本作はその先駆け的な作品と言えるでしょう。

究極の一品『Enjoy the Silence』

ヒット曲の多い彼らですが、その彼らの楽曲の中でも最も人気のある楽曲が、本作に収録された『Enjoy the Silence』です。

私がこれまでの人生で聴いた全ての楽曲の中でも、トップ10入り間違いなしの、究極の一品です。

何もかも文句のつけようのない楽曲ですが、最大の特徴は一つ一つの音の美しさでしょう。

ギターの音色、シンセのアレンジ、シンプルながらクセになるビート、そして何より美しいボーカルハーモニー。

芸術的としか言いようのない、完璧なコンビネーションです。

シングル盤よりもアルバム盤は、アウトロが凝っていて、こちらの方をオススメします。

精神統一して聴くと、シラフでもトリップしたかのような、陶酔感と多幸感が得られます。

余白も聴かせる孤高のSFシンセポップ

彼らの人気の秘訣は、やはり楽曲のコアにあるポップさでしょう。

恐ろしく暗いのに、驚くほどポップです。

 

本作『Violator』は、過去の彼らのエレポップ的なキャッチーさは残しつつも、過剰な装飾を排除することで、「余白を聴かせる」という高次元なテクニックで魅せます。

この曲は、のちにマリリン・マンソンもカバーしていました。

また、本作のアレンジは、どこかSFチックなところもあります。

この点では、ポップメタルの名盤である、デフ・レパードの『Hysteria』に似たようなものも感じます。(あちらはデラックス幕内弁当ですが)

【99点はBURRN!の良心】Def Leppard 『Hysteria』/ トトオのオールタイムベスト⑳
トトオです。 今回は、イギリスのハードロックバンド、 デフ・レパードの名盤『Hysteria』を紹介します。 前回記事はコチラです。 Def LeppardとNWOBHM いわゆるNWOBHMのバンドです。 NWOBHMは、...

オススメ名曲ランキング

トトオ
トトオの
オススメ名曲
ランキング

1位『Enjoy the Silence』
2位『Policy of Truth』

3位『Clean』

終わりに

こういった作品がちゃんと評価されて、しっかり売れるというところに、欧米というマーケットの凄さを感じます。

日本人でデペッシュ・モード好きという人は、結構な音楽好き以外に見たことがありません。

メタラーかV系好きな人なら、ハマる可能性はかなり高いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました