【ARTIST INDEX】アーティスト名記事検索はコチラ
スポンサーリンク

【2021年のベスト3はコレ!】トトオのアルバム・オブ・ザ・イヤー 2021

アルバム・オブ・ザ・イヤー 2021 写真 ブログ用 音楽

トトオです。

激動の2021年も、今日で終わりです。

例年の如く、今年も「トトオのアルバム・オブ・ザ・イヤー」を発表します!

ちなみに、去年の記事はコチラです。

トトオの三大ニュース 2021

今年からは、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」だけでなく、個人的に印象が強かった音楽ニュースも「トトオの三大ニュース」として、三つ選びたいと思います。

では早速、「トトオの三大ニュース 2021」発表です!

第3位 / 「Theピーズ」が「ピーズ」に

正直なところ、これが今年のニュースかどうかもわからないのですが(笑)、Theピーズが三人組から四人組のバンドになりました。

ピーズ-たまぶくロカビリー倶楽部

具体的には、ドラムのシンちゃんこと、佐藤シンイチロウが抜けて、新ドラマーとして茂木左が、正式に加入しました。

それだけでなく、なんとベース担当として、岡田光史が加入しています。

さらに、バンド名からTheが取れて、「ピーズ」 というバンド名に変更しています。

そりゃ誰も「Theピーズ」と、「The」までつけて発声していなかったと思いますけど・・・。

とにかく結果的に、これでさらにB’zっぽくなりました。

早速、新作は購入して聴いています。

いずれ詳細はレビューしますが、良い意味での変わらなさと、新しいメンバーによるエッセンスもしっかり加わっていて、かなり満足しています。

それにしても、音源をSpotifyで聴けないどころか、Amazonですら買えないという商売っ気のなさには、恐れ入ります。

ちゃんと、たまロカ(公式サイト)から、配送料も払って、CD購入しました。

第2位 / メイデン突然の新作発表

アイアン・メイデンの新作が、突如発表されました。

前情報ほぼなしで、いきなり新曲~新作発表となり、衝撃的でした。

これほど前情報を制限していたことは、かつてなかったと思います。やはりコロナの影響が大きかったのではないでしょうか。

アルバム詳細に関しては、もうくどいくらい別記事で書いたので、ここでは書きません。

レガシー・オブ・ザ・ビースト・ツアーも、ようやく来年五月から再開されるようです。しかし、残念ながら、まだアジアは日程に加わっていません。

メンバー全員かなり高齢になってきているので、身体には気をつけて、これからも活動し続けてもらいたいところです。

第1位 / 小室復活・TM復活

小室哲哉がカムバックして、三人でのTMが再々々始動(?)しました。

十月から開始した配信ライブもすでに二回行っていて、来年二月は三回目を予定しています。

それにしても気になるのが、この後の活動です。

すでに、この配信ライブでテーマ曲を披露していますので、創作活動も再開していることは明らかです。

個人的には、今の三人での『Get Wild 2022』を聴きたいですね。近作の『Get Wild 2015 -HUGE DATA-』はかなりツボだったので、期待してしまいます。

まあ、完全新作はハードルが高いと思いますので、リプロダクトアルバム『DRESS3』なんかで、過去の名曲をやり直してもらえれば、イチFANKSとしては大満足です。

トトオのアルバム・オブ・ザ・イヤー 2021

ではここから、「トトオのアルバム・オブ・ザ・イヤー 2021」を発表します!

トトオ
トトオ

まずは第3位!

第3位 / Iron Maiden 『Senjutsu』

第3位は、アイアン・メイデンの新作『Senjutsu』です。

中身はレビューで書きましたので、詳細はここでは控えます。

「なんで3位なの?」という点について、説明しましょう。

私はまだ、全アルバムレビューにおいて、本作の採点はしていません。

正直なところ、メイデンのキャリア全体で見た時に、本作がトップ5に入るかどうかは、微妙なところです。

本作はアルバム全体で見ると、やや散漫な印象があり、そこが弱点です。

近年の作品では、『The Book of Souls』の方が、トータル完成度は明らかに高いです。

しかし、個別曲に素晴らしいものが多く、特に『Hell On Earth』は、2000年代以降の最高傑作なのは間違いありません。

実際、私が今年一番聴いた曲はこれでした。

賛否両論ある作品ですが、ベテランでもこのように面白い作品を出してくれるメイデンには、本当に感謝です。

そろそろ採点して、全アルバムランキングにも加えて、書き直したいと思います。

トトオ
トトオ

続いて第2位!

第2位 / The Wildhearts 『21st Century Love Songs』

第2位は、ワイルドハーツの新作『21st Century Love Songs』です。

まず、前作『RENAISSANCE MEN』(2019年)から、これだけ短期間の間に新作を出したことに驚きです。

コロナで逆にやる気が出たという感じでしょうか?気まぐれジンジャーの本領発揮というところです。

さらに内容がもう衝撃的な格好良さでして、2000年代以降最もシャープでヘヴィでキャッチーな作品になっています。

ワイルドハーツはよく、「メタリカ・ミーツ・ビートルズ」のような例え方をされます。

本作はメタリカはメタリカでも、『Master of Puppets』のメタリカと、『Sgt. Pepper’s』のビートルズとでもいえるような完成度です。

過去作と比較すると、ワイルドハーツの最高傑作である『Fishing for Luckies』に近い雰囲気もあります。

とにかく、これだけのキャリアで、ここまで期待を裏切らないバンドは他にないでしょう。

作品の素晴らしさと人気のギャップが、あまりにも大きすぎるバンドなので、とにかくより多くの人に聴いてもらいたいですね。

トトオ
トトオ

今年のNo.1はコレ!

第1位 / Carcass 『Torn Arteriesy』

第1位は、カーカス待望のフルアルバム『Torn Arteriesy』です。

いやー、去年の「アルバム・オブ・ザ・イヤー2020」一位は、カーカスのEPを選んだんですよね。

「EPを1位にするのって、どうなの?」って当時自分でも思いましたが、それにしても素晴らしかったので、去年は選出しました。

で、今年発表された本編となるフルアルバムですが、聴いてもうビックリしましたね。

個人的には、カーカスの最高傑作と言っても、過言ではないと思います。

とにかく信じられないレベルで、最高にクールなカーカスワールドが、徹頭徹尾繰り広げられます。

本作は、名盤と名高い『Heartwork』よりも、その前の『Necroticism』に近い作品であるという声があります。

しかし個人的には、『Swansong』や、その同時期に書かれた楽曲の進化系のように感じました。

この作品の特に凄いところは、これまでのスタイルだけに拘らず、予定調和を裏切りながら、ファンの期待を超えるレベルの作品に仕上げているところです。

これはまさに、商業的な芸術作品の一つの最適解といえるのではないでしょうか。

あと、ドラマーであるダニエル・ワイルディングが、素晴らしすぎるんですよね。

ケン・オーウェンも素晴らしいドラマーでしたが、ダニエルは世界一のメタルドラマーだと思います。

終わりに

改めて、今年を振り返ると、とにかく後半に作品が多すぎました。

他には、ダークネスの新作や、KK’s Priestもあって、正直これらを聴き込むには、時間が足りませんでした。

こうやって並べると、新しいバンドや音楽を買ってないという厳然たる事実があるので、来年はその辺変えていきたいなと思ってます。

ちなみに、私が今年Spotifyでよく聴いたアーティストは、ティコでした。

それではみなさん、良いお年を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました